フェデリコ・モンポウ没後30年記念
《沈黙の音楽》 2017 10 18日(水)19:00〜
東京文化会館小ホール

 
Indexに戻る 


プロフィール CD評
  皆様からのメッセージ・評
ラテンピアノとは・・・ レッスン
ディスコグラフィー Sound
スペイン音楽セミナー  Fotos

 

スペイン音楽国際コンクール

メールマガジン
『スペイン作品を弾こう』

活動情報
(コンサート情報他)

掲示板

 

 《プログラム》

フェデリコ・モンポウ作曲

庭の乙女たち

内なる印象(全曲)

前奏曲5〜9番

モンジュイックの橋

歌と踊り
6番 7番  8番 9番 ( クリックしてください。演奏をお聞き頂けます)

風景 第1巻&第2巻(全曲)

沈黙の音楽 第4巻(全曲)

《ご挨拶》

 

 フェデリコ・モンポウは、私たちに大変近い時代を生きた作曲家で、彼の作品にはスペインの北東部カタルーニャ地方の風景を感じさせる作品群と、神秘的な世界、孤独感をひそやかに描いた作品群があります。
  前者は、私自身がカタルーニャで育ったわけでもないのに、とても懐かしく、聴いていると素直な気持ちを持つことが出来ます。後者の作品は、まるで語る相手を持たない独り言のようで、私はせわしない日々の生活のなかで、ふと足を留めたとき、自分の心の声を聴くような思いがいたします。  
 
  私は、モンポウの妻で、彼の作品の紹介者であったピアニスト、カルメン・ブラーボ女史に熱心なレッスンを受けることが出来ました。しかし、そのレッスンを受けることによって、長い指を持ったモンポウが書いた幅の広い和音を、手の小さい私が弾くことは無理であると感じるようになりました。
  それで、私は長い間モンポウ作品をレパートリーにしておりませんでしたが、その後、モンポウ自身の書いた文献を研究するうち、彼は「感情が高まるときにテンポが遅くなる」と述べており、その結果、伴奏と時間的なズレが生じることに気付いた私は、小さな手でもモンポウ作品は弾けるかもしれないと思うようになりました。
 

 今年は彼の没後30年の記念年であり、春に私は彼に関する論文を纏め、広く皆様にモンポウ作品をご紹介したいという思いから、今日は彼の作品の初期、中期、後期の中から代表的な作品を選びました。まだまだ研究半ばでございますが、フェデリコ先生、カルメン先生に想いを込めて演奏したいと存じます。

 今回はスペイン大使館との共催でございます。スペイン大使館に、御礼申し上げます。

                                                   

                                           上原由記音

主催
スペイン大使館コンセール・プルミエ 042-662-6203

後援:  セルバンテス文化センター東京
    日本スペインピアノ音楽学会、
    日本音楽表現学会、 日本スペインギター協会、 日本スペイン協会

チケット取り扱い:コンセール・プルミエ 042−662−6203

 :東京文化会館チケットサービス

前売り:一般3,500円 学生2,500円

当日売り:一般4,000円 学生3,000円

 


copyright(c) 2005 Yukine Uehara All Rights Reserved.